湘南暮らしのエトセトラ

不動産屋が教えます!マンション見学のときの見落とせないポイント

マンションを購入しよう


マンション選びは、自分の住む専有部分だけでなく、共有部分や設備、周りの住民など、さまざまな見地から行われなければいけません。そのため、理想のマンションと出会うまで、出来るだけ効率よく必要な点を見極めることが必要となります。

お気に入りのマンションと巡り合うには?

お気に入りのマンションとめぐり合うためには、1件だけでなく複数の物件を見てまわることがおすすめです。1件のみでは良し悪しの判断が付かない場合でも、複数の物件を回ることで比較して判断できるようになります。また、複数の物件を見ることで選択肢を広げて、より自分の求める条件を追求できるようになるでしょう。

より多くの物件を見て回るためには、モデルルームやオープンハウス、マンション見学会などに参加することが必要です。新築マンションで、まだ実際の物件が完成済みではない場合には、モデルルームを見ることになり、中古物件や完成済みのマンションでは、実物を見ることができます。見学会は日程が限られる場合もありますが、都合をつけて出来るだけ多くの物件を見に行きましょう。

マンション見学に行く際の持ち物

マンション見学に行くなら、見学中に見ておきたいポイントを逃さないための持ち物も大切です。実際に使える持ち物には、それほどかさばるものはないので判断材料としてそろえて行きましょう。

チェックシート

チェックリストは、自分の見ておきたいチェックポイントを確認するために大切です。また、実際に置く予定の家具のリストがあると、入居時の状態をより詳しく考えることができて、入居してから「こんなはずではなかった」と後悔するのを避けられます。また、不動産会社でもらえる物件資料や周辺地図なども大切です。設備や環境などを書き込みしながら見学できます。

持っていくと便利な小物類

さらに、カメラやメジャー、懐中電灯、転がるものなどを持っていくと便利です。カメラで撮影しておけば、後で再度確認することができます。また、メジャーでスペースを計って、家具の位置などを考えることも大切です。懐中電灯は、狭い部分や床下などのチェックに使用します。さらに床の傾きを調べるために、転がるものを持っていくこともあります。ビー玉などを床において、自然に転がり出すかどうかチェックします。この方法は正しく危険度を確認するまでの精度ではありませんが、明らかに傾いている場合には慎重に購入を考えることが必要となります。

実際の部屋を見学する際にはどこを見たらいい?

実際の部屋を見学する際には、間取りはもちろん、設備やオプション設備、防犯面など幅広くチェックすることが大切です。自分たちが住む専有部分だけでなく、共有部分まで隈なく見ます。完成前のマンションのモデルルームでは見られるポイントは限られますが、実際の物件を想像し、担当者と相談しながら、間取りや寸法を確認することは可能です。

専有部分では、日当たりや音の響き具合、水周りや収納の使い勝手を確認します。特に動線を考えて、動きやすい位置に配置されているかどうかを確認することは大切です。これは間取りにも当てはまります。また、バルコニーからの景色・駐輪場を見ておき、外部からの騒音・悪臭もチェックしておくと良いでしょう。

特に中古物件では既にある傷やシミ、湿気やカビなども確認します。天井はチェックを忘れやすい部分なので注意が必要です。シミがある場合には天井裏の防水に問題があるかもしれません。また、床のきしみや柱のゆがみ、ドア枠や窓枠のゆがみによる開閉のしにくさなども注意したい点となります。

共有部分では、管理状況や清掃状態などを見て、専有部分との境もチェックしておきます。また、防犯や周囲の建物の位置関係、入居者の大まかな世帯を把握しておくことも大切です。

お気に入りのマンションが見つかったあとの見学のコツ

マンションの見学は、物件数だけでなく、1つの物件に対して複数回の見学が必要となります。気に入ったマンションが見つかったら、1回の見学だけで決めてしまうのではなく、時間帯や曜日を変えて隈なく見学することが大切です。日当たりや周辺の交通量、防犯面など、時間や曜日によって変わる可能性のあるものを再確認しておきます。

忘れてはいけない周辺状況のチェック

また、物件自体は気に入っていても、周辺エリアの利便性や環境が悪いと快適な暮らしは送れません。忘れてはいけない周辺状況のチェックとしては、学校やスーパー、コンビニ、病院、バス停、駅などの周辺の建物や施設についても把握しておくと良いことでしょう。ファミリーの場合には特に、お子様の学校や幼稚園、通勤や通学の便、医療施設にはどんな科があるのかなど、家族全員の暮らしやすさや健康に役立つ環境をチェックすることが大切です。

せっかくのマイホームでマンションを購入するならば、納得がいくまで見学をしてから購入を決めたいものです。わからないことがある場合には、わかったふりをせずにどんどん担当者に聞いてみることが大切です。また、複数の物件を比較したり、気に入ったマンションであっても複数回見学をしてみるなど、慎重な検討を心がけます。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る