湘南暮らしのエトセトラ

角部屋に住むメリット・デメリットとは?マンション購入時の注意点!

マンションを購入しよう


マンションを購入する際は予算や立地、間取りや設備などを重視して選ぶことが多いのですが、中には角部屋にこだわりたいという人もいるのではないでしょうか。これまであまりこだわったことがなかったが、やはり角部屋の方がいいの?と思う人もいるのではないでしょうか。そこでここでは、マンションの角部屋に住むメリットだけではなくデメリットも紹介し、角部屋を選ぶ際の注意点をお話します。

角部屋とは?

角部屋とは読んで字のごとく建物の角に位置する部屋のことです。各階の廊下の端にある住戸、廊下が屈折している場合にその屈折しているところにある住戸のことを言います。一般的に角部屋は日当たりがいい、他の部屋からの騒音などの影響を受けにくいなどのメリットがあるとされ、賃貸だけではなく分譲などでも同じ建物内の住戸よりも家賃や価格が高く設定されていることが多い住戸です。

マンションの角部屋に住むメリット・デメリット

いいことが多いというイメージがある角部屋ですが、メリットだけではなくデメリットももちろんあります。角部屋のメリット、デメリットを中部屋と比べてみましょう。

まずは窓です。窓は中部屋よりも角部屋の方が数は多くなります。窓が多いことで通気性がよい、陽の光が各部屋に入る、角度の違う窓辺などもあるので眺望もいい部屋が多いのですが、窓が多いことで家具の配置がしにくくなるなどのデメリットも考えられます。次に室温や結露についてです。角部屋の場合は日当たりがいい、風通しがいいなどのメリットがありますが、外気温の影響を受けやすく、窓が多いことで冷暖房の効き方も悪くなる傾向にあります。室温や結露の原因となる湿度などは中部屋よりも角部屋の方が問題になることが多いです。また遮音性に関しては、窓よりも壁の方が優れているので壁で囲まれていることが多い中部屋の方が優れていると言えるでしょう。

室温や結露、冷暖房効率、遮音性などを考える場合はどうしても中部屋の方がいいという場合が多いのですが、プライバシーの保護に関しては、角部屋の方がメリットがあります。角部屋であれば用事がある人以外、玄関の前を通ることがありません。これに対して中部屋の場合はマンションの住人が行き来するので、玄関の外に人の気配がする、歩く音がするなどが気になる場合も多いです。

そして最後に価格です。分譲マンション、賃貸マンションなどに言えることですが、中部屋よりも角部屋の方が販売価格や家賃が高い傾向にあります。角部屋の方が個数が少ないことで希少性が高い、壁よりも窓の施行の方がコストがかかることなどが理由になっています。

マンションを購入するなら絶対に角部屋がいいという人もいるのですが、メリットだけではなくデメリットもしっかり把握してマンション選びをするようにしましょう。デメリットを考えないで角部屋にしたことで住んでみて後悔しているという人も珍しくありません。

角部屋を選ぶ際の注意点

角部屋を選びたいという人の多くが角部屋に求めているのが日当たりではないでしょうか。マンションで日当たりが良好なことは購入を決める大切な要素です。日中たくさんの光が入る、洗濯物が干しやすい、日当たりがいいことで結露やカビの発生などを防ぐことができるなど多くのメリットがあります。角部屋であることでどの部屋も日当たりが良好とイメージされるのですが、日当たりを重視して角部屋を選ぶのであれば方角に注意しましょう。

最も日当たりのいい部屋の方角は南向きです。晴れている時は一日中、日差しが差し込み、洗濯物が乾きやすく、冬場でも日差しが入ることで日中は暖かく過ごすことができます。ただし、日当たりが良すぎることで夏場は冷房の使用頻度が高くなります。次に日当たりのいい部屋の方角が東向きです。朝日が差し込む方角で午前中はしっかり日差しが差し込むので暖かく過ごすことができます。ただし、太陽が西に沈む夕方近くになると部屋の中は暗くなり、冷え込みやすくなります。東向きと同じぐらい日当たりがいいとされている部屋の方角が西向きです。午前中は日が差し込むことは少ないのですが、夕方にかけて日が差し込むようになり、夕方から夜間にかけて部屋を暖めることができます。そして4つの方角の中で最も日当たりが悪いのが北向きです。洗濯物は乾きにくく、湿気や結露なども気になるのですが、日が差し込まないことで夏場は涼しく過ごすことができ、壁紙や本などが日焼けしないことがメリットになります。

ベランダや部屋の使い方によってどこに日差しが差し込むのかなどは方角によって決まり、角部屋であっても北向きになっている住戸を選ぶことで日当たりの悪い角部屋に住むことになってしまうので注意が必要です。ただし、北向きの場合は角部屋でも販売価格が安く設定されていることもあり、マンションを選ぶ時に何を重視するのかによって選ぶ方角も変わってきます。

いかがでしょうか。角部屋と聞くととても良いイメージを持っている人も多いのですが、メリットだけではなくデメリットも知ることで角部屋にこだわらずにもっと広い視野でマンション選びをすることができますし、角部屋にこだわる場合でも方角も考慮しなければなりません。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る