湘南暮らしのエトセトラ

子育てに適しているのはマンションか?それとも戸建てか?

子育てと住宅購入


子育てのことを考えてマンションに住むべきか一戸建てに住むべきか迷っているという方もいらっしゃるでしょう。もちろんどちらもメリット・デメリットがあるため、それらをよく比較して選ばれることをおすすめします。本記事では子育て世帯がマンションに住み替えるメリット、一戸建てに住み替えるメリット、どういう世帯に一戸建てが向いているのか、そしてどういう世帯にマンションが向いているのかについて役立つ情報をお伝えします。

これから住む家を選ぶ時、家庭に子どもがいるかいないかで家の選び方は大きく変わってきます。独身の方や、子どものいない夫婦の方ですと好きな土地や家賃、交通の利便性などご自身の嗜好や費用面などを重視した家選びで問題ないのですが、子どもがいるご家庭の場合、子どものための環境を意識しなければなりませんし、今までの住居探しとは違う観点が必要であることに気が付くことでしょう。

子育てのことを考えてマンションを選ぶべきか、一戸建てを選ぶべきかで迷っていらっしゃる方も多いと思います。まずはそれぞれのメリット・デメリットについて知った上で比較して選ぶのがよさそうです。

子育てのことを考えてマンションに住み替えるメリット・デメリット

子育てという観点でマンションを選ぶことのメリットとしては、まず防犯性が高いということが挙げられます。最近のマンションではセキュリティを意識して共用部も外部からは簡単に侵入できないようにつくられているものが多いですし、オートロックなどが何重にも用意されているマンションも増えています。このような部分では一戸建てよりも安全なセキュリティが期待できると言えるでしょう。

また、ファミリー向けのマンションを選べば近所に同じような歳の子どもを持たれている家庭が多いのでコミュニティが生まれやすく、子育ての情報共有や、いざという時に子どもを守ってもらえたりするということが期待できます。子育て向け共有施設のマンションなども増えているため、そのようなマンションを選べば共有設備を毎日好きな時に利用出来るので子育てには大きく貢献してくれることとなります。

デメリットとしては、一戸建ての場合とは異なり、子どもの足音や大きな声など、近所に対して配慮が必要であるといった点があります。自分が思っている以上に周りの方は騒音に敏感です。苦情などがくれば、そこに住みずらくなる事もありますので充分に注意が必要となります。またペット禁止のマンションも多いため、今は考えていなくても将来、子どもから「ペットを飼いたい」といわれても諦めざるを得ないことも出てきます。さらに大人数だとやはり手狭になりなりやすく2人目、3人目が産まれるタイミングで戸建に住みかえるご家族も多いです。

どういう世帯がマンションに向いている?

共働きの家庭の場合ですと、マンションの方が向いていると言えるケースも多いです。先述したように最近ではセキュリティ面で安心できるマンションも増えているのでそのような物件を選べば子どもを1人で留守番させることの多い共働きのご家庭などでも安心して暮らすことが出来ます。また、子どもがある程度成長していれば騒音の心配なども減ってくるので子どもがいるからという理由でマンションという選択肢を避ける必要もないでしょう。 ただし、間取りは自由にならないことがほとんどのため、子どもの成長に合わせて適したマンション選びが必要になります。

【関連記事】子育てを意識したマンションの共用施設の選び方

子育てのことを考えて戸建てに住み替えるメリット・デメリット

子育てのことを考えた時、一戸建てに住むという選択をされる方も多いです。一戸建てに住むメリットとしては、マンションに比べ面積が広いので子どもを伸び伸びと育てることができること、マンションよりも収納スペースが多く取れる可能性が高いことが挙げられるでしょう。地域によっては子育て制度が充実していたり、周囲に大きな公園や子ども向けの施設が多くあったりと子育てをするのに便利な環境が整っています。戸建て購入をする際には周辺の施設や制度なども参考に考えてみると良いでしょう。

また、庭を用意したいと考えていたり、動物を飼いたいと考えていたりするご家庭には一戸建てが向いていると言えます。マンションの場合ですと動物を飼うことが禁止されているケースも多いですし、庭の用意はほとんどの場合難しいです。騒音についても一戸建ての場合、マンションほど周囲に気を使う必要もないというのも一戸建てを選ぶメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては防犯面が心配されます。外から室内が覗けたり庭やベランダから侵入される可能性が高く、さらには防犯カメラを設置していない場合は犯人が捕まりにくいといったこともあります。防犯面を強化するとなると自分で防犯カメラや、ピッキングされにくい鍵などを導入しなくてはならないため費用がかかります。逆を言えば、防犯性をカスタマイズし高める事ができるので金銭面に余裕があればメリットともいえます。さらに、忘れてはいけないのが子どもが小さいうちは広い一戸建てで良いのですが、子どもが独り立ちし実家を離れると途端に広すぎてしまうということもあり、そのタイミングでマンションに住みかえる方も多いです。

【関連記事】【これで安心♪】共働きの防犯対策をご紹介!戸建てを購入する前に考えること

 どういう世帯に戸建てが向いている?

子どもを自然の中や郊外で伸び伸びと過ごさせてあげたいと考えている方は一戸建てを選ぶのがよいでしょう。やはり一戸建てにはマンションでの生活では味わえない自由な開放感を子どもに与えることが出来るので、そのような教育方針をお持ちの方ですと一戸建てが向いていると言えます。また、子どもの人数によっても一戸建てかマンションのどちらが向いているのかという部分が変わってきます。3人以上のお子様がいらっしゃるご家庭ですとやはりマンションでは暮らしにくいと考える方も多いようです。子どもの人数が多い世帯であれば一戸建てを選ぶことをおすすめします。

 まとめ

マンションを選んでも一戸建てを選んでも子育てという観点からはもちろんどちらも一長一短あり、家庭の状況に応じてどちらが適しているかは変わります。一番に大切なのは子どもの成長や将来のことを考えて話し合うのが良いでしょう。住宅購入は一生に一度のお買い物です、後悔のないように慎重に選ぶことが大切です。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る