湘南暮らしのエトセトラ

子持ち家族に適した間取りと必要な広さとは!

子育てと住宅購入


子育て住宅では、暮らしやすさや子どもに適した間取りや坪数が必要となります。暮らしやすくて安全性の高い住宅を選ぶことで、子育ての大変さも軽減でき、長く快適に暮らすことができるでしょう。

子育て住宅での間取りの重要性

子育て住宅では、間取りがとても重要です。間取りを適当にしてしまうことで、家族とのコミュニケーション不足や思わぬ怪我、事故が発生してしまう可能性があります。特に2階建て以上の戸建て住宅では、子どもの行動が把握しにくくなりがちです。目の届きにくい間取りにしてしまうと、子どもが家の中で孤立したり親の気が付かないところで危険にさらされるリスクとなります。

子育て住宅では、建てる段階からきちんと間取りを考えるべきです。妊娠中や出産したばかりの頃にはマイホームを考える人も増える反面、今後どのような間取りや広さが必要となるかが予想しにくいこともあるでしょう。さらに出費がかさむことが予想でき、費用を抑えたいこともあります。しかし、後からでは変えられないこともありますし、後で大規模なリフォームを行うと莫大な費用がかかるかも知れません。そのため、設計段階で将来のことまで見据えて、どんな生活をしていきたいか、子どもが大きくなるにつれて何が必要になるかを考えておくことは大切です。

子育てしやすい間取りを設計するときのポイント

子育てしやすい間取りを設計する際には、いくつかの押さえておきたいポイントがあります。子どもの快適な生活と子どもの成長に適した条件を間取りに取り入れて、健康で快適な暮らしを長く続けられるようにするべきです。ポイントとしては、子どもの健康と成長に合わせた柔軟な間取り、そして広々と動きやすい環境があります。

日が差し込み、風が通りやすい間取りにする

子ども部屋や子どもが過ごすことの多い部屋は、じめじめしているとカビやダニの繁殖のリスクとなり、健康面で悪影響となります。そのため、日が差し込み、風が通りやすい間取りにすることが大切です。家の中がぐるっと1つにつながる回遊動線を取り入れることで風通しの他、広々と過ごしやすくなります。災害時などの避難経路としても安心です。

収納を多く作る

各部屋には収納を設置しておくと子どもの片付ける習慣を作ることができ、収納家具を新たに置く必要もなくすっきりとした部屋にすることが可能です。子どものいる生活では、ものが増えやすく思い出の品や将来的に生まれる2番目、3番目の子のために残しておきたいものも多くなります。そのため、収納は広めに取っておくことが必要です。

子どもの成長に合わせてスペースを変更できるようにする

共有スペースに続くドアを2つ持つ広い部屋を作っておき、将来的に間仕切りをして部屋を分け、子ども部屋にできるようにすると良いでしょう。

子どもと一緒に遊べるスペースを作る

子どもに目が届くリビングや一緒に遊べたり、親子で就寝できるオープンスペースも必要となります。また、夏涼しく冬暖かい畳の部屋を作るのも便利です。ゴロゴロして遊ぶにも痛くなく、オムツ替えやお昼寝などにも使いやすくなります。

畳部屋を作る

畳のスペースは子育て中の方にとって非常に便利です。すべりづらく、やわらかいので子どもが小さなうちは畳の上に寝かせておけますし、大きくなっても家族のくつろぐスペースとして活用できます。

また、子育て中には意外なところにもスペースや工夫が必要となることもあります。玄関やポーチに十分な広さを取ることで、手洗い場や収納を作れます。子どもが外から帰ってきた時の泥やほこりを落とす水道は、玄関そばや玄関内に作っておくと重宝します。また、玄関に靴のまま入れる収納を作っておくことでベビーカーや外遊び用のおもちゃなどをおくことができ、玄関周りに荷物が増えるのを防げます。

子育て住宅の広さの目安

子どもがのびのびと過ごすことができ、収納や和室の部屋を確保することを考慮すると、最低でも室内の床面積は70m²~90m²は確保しておく必要があります。できれば、それよりも広い家を建てることができる土地を探すべきです。子育て住宅探しでは、子どもの成長に合わせて柔軟に間取りを変えて長く生活をすることが前提となります。快適な生活のために土地選びや設計は、十分に検討して行うことが大切です。

また、建物の他に子育て中の家庭では庭や広いベランダなども考慮することが必要となります。洗濯物も増えますし、子どもたちには外遊びが手軽にできるスペースがあると良いでしょう。庭が確保できなくても、広めのポーチやベランダなどがあると、収納やちょっとした外遊びのスペースとして活用できます。子ども用プールなどの利用にも使えそうです。さらに、子どもが小さいうちはマイカーが役立ちます。自動車を所持していなくても、将来的に購入することもあるため、カースペースも必要です。

子育て住宅の建設では、まだ将来的なことまで想像できず、建てた後で間取りや広さなどが不十分に感じることもあります。しかし、子どもが小さい時に購入するマイホームでは、子育てしやすい環境を作るためにも間取りを考えることは欠かせません。上記を参考に将来的なことまで十分に考えた上で、小さい頃から成長するまでの長い期間にわたって子どもも生活しやすい間取り作りを検討してください。今から将来のことを予想して建設しておけば、のちのちまで快適に暮らせる家を建てることができるでしょう。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る