湘南暮らしのエトセトラ

子ども部屋が必要になる時期を不動産屋が教えます!

子育てと住宅購入


マイホームの購入の際には、将来を考えて子ども部屋を意識して家を選ぶという方も多いと思います。しかし実際に子ども部屋を作るタイミングについては正解がない分、悩まれる方も多いようです。そのような方に向けてマイホームに子ども部屋を設置する必要性や、子ども部屋が必要になる時期はいつなのか、子ども部屋を作る方法、子ども部屋を作る際の注意点について役立つ情報をお伝えしていきます。

マイホームには子ども部屋は必要? 必要ない?

マイホームに子ども部屋を作るべきかどうかについて悩んでいるというご家庭も多いと思います。子どもが成長するにしたがっていつかは子ども部屋を用意するべきだとは考えていても、どのタイミングで実際に子ども部屋を与えるべきなのかという部分については明確な答えもありませんし、難しい問題であると言えます。子どもが小さいうちには子ども部屋が無くても大きな影響はありませんが、ある程度の年齢になればやはりプライバシーを子ども自身が気にするようになってきます。自立心を育むためにも、やはり子ども部屋は用意した方が良いでしょう。

子ども部屋が必要になる時期

では、具体的にどれくらいの時期に子ども部屋を作るのがベストなタイミングなのでしょうか。一般的には小学5年生くらいから思春期に入ると言われているため、その頃から子ども自身がプライバシーを気にしだす傾向にあり、自分の部屋を持ちたいという気持ちも強くなってくることが多いようです。子どもによって個人差があり、一概には言えませんので、子どもの成長を普段から気にかけてあげるようにしてください。自分の部屋が欲しいという気持ちが芽生え始めていると感じた頃が、その子にとっては自分の部屋を持つベストなタイミングと言えるかもしれません。

子ども部屋を作る方法

子ども部屋を作るといってもその方法はいろいろあります。それぞれのメリットを踏まえながら、項目ごとに紹介していきます。

建築する際に先に部屋の確保をする

マイホームの建築をする段階で、子どもの成長を見据えてあらかじめ子ども部屋用のスペースを確保しておくという方法です。すぐには子ども部屋を作ることを考えていなくても、出産の予定があったり、将来子どもを作る計画がある場合には、将来的にそのようなタイミングが来ることを事前に想定し、そのスペースを確保しておくことで、いざ子ども部屋を作るべきタイミングが来た時もすぐに対応できるのでおすすめです。

広いスペースを分断する

子ども部屋を作ると言っても、必ずしも増築工事などが必要なわけではありません。広いスペースを持った部屋が家の中にある場合、間に仕切りなどを入れるだけで子ども部屋が出来てしまいます。このような簡単な方法でも子ども部屋の確保が出来ますので、まずは試しにといった場合にもおすすめの方法です。あらかじめ広いスペースを用意していれば、子育てが初めてで計画を立てるのが難しい場合や、子どもが増えた場合にも、状況に合わせて対応することができます。

増築をする

間取りの都合上、分断できるようなスペースがなかった場合は増築という選択肢もあります。きちんと部屋として区切ることができるため、子どものプライバシーの確保も容易です。とはいえ、敷地内にスペースがなければ増築も難しいので、後々柔軟に対応できるよう、マイホームを購入するときに予め広いスペースを確保しておくことは重要と言えるでしょう。

子ども部屋をつくるときの注意点

子どもにとっても成長につれてプライバシーの確保というのはとても大切なこととなります。また、ある程度の年齢になったら、自分の生活を自分で管理する準備として、自立心を育むという点から見ても、自分自身の部屋を持つというのは大切です。自分の部屋を持つべき年齢については何歳が正解ということはありません。幼少期から自分の部屋を与えられ、片付けや自分の生活の管理などを身に付けたという方もいれば、逆に高校生くらいまで自分の部屋は与えられなかったけれど、家族とのコミュニケーションが多い子ども時代を過ごしたという方もいます。どのタイミングで子ども部屋を作るにしても、子どもひとりで過ごすスペースと家族との共有スペースで過ごす時間のバランスを取ることがとても大切であると言えます。

例えば子どもが自分の部屋に行くときには、必ず家族の目が届くリビングを通るようにするなど、部屋の配置についても工夫をしてあげる必要があります。また、パソコンなどを子どもの自室においてしまうことは、今の時代あまり好ましくないでしょう。ネットリテラシーの低いうちから、自分だけの空間で自由にネットを見られる環境があることでの危険性、リスクはとても大きいと言えます。できるだけパソコンはリビングや家族の共有スペースに置くなどの工夫が必要です。子ども部屋を作る際には、間取りだけではなく、家全体の中でどの場所に配置するかという部分で、子どもの生活も大きく変わってしまいます。プライバシーを尊重しつつも隔離することのない、適切な距離で子ども部屋を設置できるようにしましょう。

子ども部屋はいつか必要になるものです。今はまだ必要無いと考えているご家庭でも、そのときになって慌てないよう、子ども部屋にするための部屋やスペースを予め確保しておきましょう。

フォーシーズンズランドの小・中学区検索から物件を探す

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド

【関連記事】

マイホーム購入時に考えるべき子どもの転校のこと



ページトップに戻る