湘南暮らしのエトセトラ

家の買い替えは住宅ローンが残っていてもできるもの?

住宅購入の資金計画


住宅ローンを組んで家を購入したけど買い替えを検討しているという方もいらっしゃるでしょう。買い替えの際はダブルローンのリスクについてよく理解しておく必要があります。また、現在住んでいる家の住宅ローンの残額や売却額についても把握しておかなければなりません。そして買い換えローンというダブルローンに比べリスクの低い買い替えの方法があることもぜひ知っておいてほしい情報です。本記事では家の買い替えを検討されている方に向けて役立つ情報をお伝えします。

家の買い替え前に考えたいダブルローンのリスク

家の買い替えを考えた時、現在の家を買ったときのように住宅ローンを組み、売却が完了するまでは2つのローンを支払っていくつもりだという方もいらっしゃるでしょう。結論から言いますと、2つのローンを同時に支払っていく負担は大きいものであるという認識をしておく必要があります。そして審査が通りにくいこともあらかじめ知っておかなければなりません。

そもそもダブルローンとは、その名の通り2つのローンの支払いをするということですが、この場合の2つのローンとはもちろん、今現在住んでいる家のローンと新しく住み替える家のローンのことを指します。家の買い替えで新たに住宅ローンを組む場合、大まかな流れとしてはまず新しい家の契約を結び、今の家の売却活動をはじめます。そして今現在住んでいる家の引き渡しを行うという具合になります。

ダブルローンのリスクが高い理由として、ダブルローンの状態がいつまで続くのかわからないという部分があります。今現在住んでいる家の売却がいつ完了するかの目処が立ちにくいので計画を立てにくいのです。家の売却については不動産市場や競合環境、不動産会社の営業力など不確定な要素が多く関わってきます。売却期間に半年以上を要するといったケースも少なくありません。資金の計画は入念に立てておく必要があるでしょう。

家の買い替え前に確認すべき住宅ローンの残高と家の売却額

家の買い替えの際に確認すべきこととしては、まず今現在住んでいる家の住宅ローンの残高をしっかりと把握しておくことです。残っている住宅ローンの全ての金額を今現在の持ち家の売却額でまかなえるといったケースはほとんどありません。多くの場合、持ち家の売却額を住宅ローンの返済の足しにするといった計算を行う必要があります。新しく家を買い替えるわけですから、当然その新しい家の住宅ローンの支払いも重なってきます。現在の持ち家の売却額に対して、残りの住宅ローンの返済、そして新しく購入する家にかかってくる住宅ローンの返済額などを事前に計算しておかなければローンの負担はとても大きいものとなってしまいます。

今の家が売れるまでの少しだけの期間だからと安易にダブルローンを組むことはおすすめできません。先述したように、持ち家の売却はいつ完了するかの目処が立ちにくいことを考えるとダブルローンを組むことはとてもリスクの高いものだと言えます。

家の買い替えの際に役立てたい買い替えローン

ダブルローン以外で安心して家の買い替えを行える方法はないかと考えている方もいらっしゃるかと思います。そのような方におすすめしたいのが買い替えローンです。買い替えローンとは住宅の売却と購入を同時に行う人専用の住宅ローンです。持ち家の売却代金で返済することの出来ない住宅ローン残額を新しい家の代金に上乗せした形で新しいローンを組むことが可能です。買い替えローンはダブルローンを組むよりもリスクが低く、多くの方に選ばれています。

買い替えローンを利用する流れとしてはまず、今の家の訪問査定をしてもらい、不動産会社に依頼することからはじまります。そして買い替えローンを組む銀行に現状の相談をし、見積もりなどをしてもらいます。次に買い替え特約付きで、新しい家の契約をします。このような流れで現在住んでいる家の売却完了と同時に買い替えローンを組むことが出来ます。ただし、残高の返済と、新しいローンの開始は同日でなければならないため、新しい物件は売却を決めた時点で決定していなければなりません。計画的な行動が必要です。

買い替えローンの審査基準とは

買い換えローンを組みたいと考えても、審査を通過しなければお金を借りることはもちろん出来ません。審査の基準として気を付けておきたいポイントがいくつかあります。まずは借入履歴です。これは個人信用情報とも言われるもので、今まで利用してきたローンの情報やクレジットカードの利用情報などが審査の対象となります。次に申込者の現在の勤務先や勤務継続年数、そして年収などが審査を通過する上で重要なポイントです。これからローンの返済をしっかりと行えるのかという部分で判断されるので、年収に見合ったローンの申込みを行うようにしましょう。また返済できる見込みがあるかという部分では申込者の健康状態なども審査の対象となります。新たにローンを組もうと考えている場合、このようなポイントで落とされる可能性が無いかチェックして、不安な部分があればまずはその部分を解決してから申し込むことを心がけましょう。

家の買い替えの際には住宅ローンについてよく理解し、計画的に行う必要があります。無計画にダブルローンなどを申し込み、家計が圧迫されるようなことがないように、買い替えは現状把握もしながら慎重に検討してください。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る