湘南暮らしのエトセトラ

不動産屋が教える吹き抜けのある家のメリット・デメリットとは?

新築物件を購入しよう

自由に設計できる注文住宅なら、自分の好きなデザインに空間をコーディネートすることができます。空間を楽しむ住まいとして鉄板なのが吹き抜けのある家。大きな窓からさんさんと光が差し込み、潮風が吹き抜けるような住まいは開放感たっぷり。家の中にいても海が身近にある爽快感を味わうことができる作りです。
憧れの吹き抜けのある家のメリットと注意しなければいけないポイントをまとめました。

吹き抜けのある住宅のメリット

吹き抜けのある家とは一階部分の天井をなくし、二階部分と階段でつながっている住宅を指します。リビングや玄関を吹き抜けにした住宅は注文住宅でも高い人気です。吹き抜けのある住宅のメリットの一つが採光の良さ。一階の天井がないため高い位置に窓を作ることができ、日の光をしっかり取り入れることができます。とくに北向きの部屋や密集した地域の住宅は日当たりが悪くなりがちですが、吹き抜けにすることで採光を良くすることができるのです。

天井が高くなることで、床面積が広くなくても広々とした開放感が生まれるのもメリットです。例えば玄関に吹き抜けを設置することで、室内に入っても閉塞感を抱かない明るい雰囲気になります。窓やレイアウトを工夫してデザイン自体を楽しめるのも吹き抜けの良さ。メンテナンス面も、吹き抜けの窓は風が抜けるため湿気やホコリもたまりにくくなります。吹き抜けのある家とはデザイン性と利便性両方を兼ね備えた設計でもあるのです。吹き抜けによって生まれる風通しの良さは家族のコミュニケーションにも影響を与えます。一階と二階で会話ができるためコミュニケーションが取りやすく、家族のだんらんにも一役買うでしょう。このように、吹き抜けのある家はライフスタイルを変える様々なメリットがあります。

吹き抜けのある住宅のデメリット

デザインと利便性に優れた吹き抜けのある家ですが、メリットだけではありません。デメリットも確認しておきましょう。

吹き抜けのある一番のデメリットは掃除です。高い位置の窓は掃除しにくく、開け閉めが不便という欠点があります。脚立などを使って掃除するか、窓の高さによってはそれもできないかもしれません。

加えて、照明や空気の流れを良くするシーリングファンも手入れが面倒です。自分でおこなえない場合は業者に依頼することになるでしょう。照明の場合はLED電球などで交換の頻度を減らすなどの工夫も考えましょう。ホームセンターなどでは高所用の掃除道具も販売されています。設計段階であれば、あらかじめ脚立やはしごが届く位置に窓や照明を設置するなどの方策も検討してください。

吹き抜けによるデメリットは他にもあります。大きなデメリットは冷暖房が効きにくいということ。二階までつながっているため、部屋の体積が増え冷暖房は効きにくくなります。加えて風が通ることによる寒さも気になるところです。

また、風が通るということは音や匂いも届きやすくなります。リビングのテレビの音が二階まで響いたり、お料理の匂いが届いたりというケースも考えておきましょう。これらのデメリットは設計の際に気を付けることである程度予防もできるので、打ち合わせの時に相談してみてください。

注文住宅で吹き抜けリビングにする際のポイント

吹き抜けのリビングは階段の位置が決め手です。家事動線を意識して階段の位置を決めるとともに、換気の効率も考えた設計が理想です。空気の流れによって音や匂いの流れ方も変わります。ただし動線や空調は大切なポイントですが耐震性能や強度が最優先事項。あまり無理をせず強度を優先し、場合によっては間取り以外の方法で工夫するようにしてください。例えばシーリングファンをつけて換気しやすく、冷暖房が効きやすくするという方法もあります。

暖かい空気は上に集まるので一階部分が冷えやすくなります。床暖房を入れて寒さ対策をするのも有効な手段です。

小さいお子さんがいる家庭では転落防止策も重要。これも階段の位置に注意するほか、ネットの設置が必要かもしれません。手すりや階段の隙間から転落することもあるので、お子様が小さい時だけはネットを張るなど安全面に万全の注意を払ってください。

吹き抜けを作ると費用はどうなる?

注文住宅で高い人気を誇る吹き抜けのある家を費用面から考えてみましょう。実は普通の二階建てと吹き抜けではあまり費用面での違いは出ません。吹き抜けにした結果二階部分の底面積が減るため安くなる一方で、吹き抜けを作るための足場代などの費用が発生します。

ただし、初期費用では違いはなくても、メンテナンス費用や空調費用などのランニングコストとなると別の話です。天井が高くなるため掃除や空調のメンテナンス負担が増え、エアコンも広い空間をカバーしなければいけなくなります。吹き抜けを作るときには住宅の断熱性も意識して、光熱費をカットできるような工夫をしておきましょう。

オシャレで家族のコミュニケーションがとりやすい吹き抜けのある家は空間を上手くいかした建物。視覚的に広くなるので土地面積があまりないというお悩みにも応えてくれます。吹き抜けのある家を選ぶときは、メリットだけでなくデメリットまで考慮してください。憧れの海を感じる吹き抜けのある家をつくるためには、コストや安全面でのポイントを押さえておくようにしましょう。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る