湘南暮らしのエトセトラ

つい高額になりがちな注文住宅の建設費用を抑えるコツ

新築物件を購入しよう


注文住宅は自由な設計や土地に対して柔軟性を持った建物作りを実現することができる一戸建て住宅取得の選択肢です。マイホームとして家族のために、自分らしい生活のために憧れの一戸建てを注文住宅で作る時に必要な費用面の問題点を解消していきましょう。

注文住宅にかかる費用はどんなもの?

注文住宅は、一から建設することができるため、設計に自由に希望を反映できて、柔軟な建物作りが可能となります。しかし、一から建設するため、細かな費用がかかります。まとまった金額で売り出されている建売住宅と比較すると、工程ごとにそれぞれの費用がかかるため、高額に感じることもありますし、実際に建売よりも高額になることがあります。

注文住宅では、主に基礎工事、建具工事、外壁工事、内装工事、屋根工事に費用が発生します。基礎工事では、その土地の地盤や状態によって費用に差がつくことが多く、必要に応じて地盤改良の費用がかかることもあります。この他にも設計や測量、地盤調査にかかる費用も発生することになります。もちろん、それ以外に登記関係や保険などの基本的な不動産売買に関わる費用もあるのでおさえておきましょう。

また、古い家が残っていれば、その解体費用もかかります。注文住宅では、こうした付加工事費用や諸費用がかかることが特徴です。

費用削減の近道は建坪面積を狭くすること

注文住宅の建設では、基本的に総額が高いイメージとなりますが、妥協することによって費用を抑えることも可能です。妥協をするポイントとしては、建坪面積を狭くすることがあります。注文住宅では坪単価で建物本体の価格が変わるため、建坪による費用のコントロールは有効です。

また、ハウスメーカーによっても坪単価が違うため、さまざまなハウスメーカーで金額を聞くことがおすすめです。ただし、土地探しと建設を別々に依頼すると、同じところに依頼するよりも割高になる可能性があるため、注意が必要となります。

費用削減のために工事の種類を覚えておこう

注文住宅では、一軒ごとにそれぞれの土地の形状やオーナーさんの希望などによって出来上がりも費用も千差万別です。1つとして同じ建物はなく、不動産会社やメーカーが出している価格も目安に過ぎません。しかし、基本的に費用を決定付ける工事の種類を覚えておくことで、価格の予想をしたり、見積もりを理解しやすくなります。また、費用を抑えるために削減すべき内容への理解も進みます。

注文住宅の坪単価は本体価格の目安であり、通常工事の範囲のみの費用となります。建物だけの価格であり、メーカーごとに標準仕様の価格として出されています。この通常工事にはいろいろなものが含まれておらず、本体価格にはないのにその家で暮らすためには必要最低限の工事もあります。

屋外の給排水や電気、ガス配管などの工事費用などは、本体価格に含まれない費用です。また、それ以外にも特殊な基礎工事や地盤改良、仮設工事、運搬工事費に関して別途費用がかかります。全国規模の標準的な敷地に対してはかかりませんが、それから外れたものに対してはかかります。土地の形状や大きさなどによって外れることも多く、なかなか本体価格の中で済ませることはできないのが現状です。

費用削減には住宅設備のことも考えよう

注文住宅では、エアコン空調工事や照明器具、カーテンレール、ブラインドの取り付け、外構工事費用などの費用もかかります。こうした住宅設備関係は、オーナーの好みによっても分かれるものですし、間取りや家の広さ、デザインによっても変わります。住宅設備の工事は絶対ではないため、費用に応じて設備の妥協点を見つけておくことも大切です。また、標準価格の中に含まれている床材や壁材以外のものを使いたい場合や間取りの変更によって起こる差額に関しても注意をした方が良いでしょう。

費用をおさえるだけでなく予算を増やすことも検討しよう

注文住宅は、自分の希望のマイホームを建てるために適した手段です。注文住宅を選択しようと考えた根底にはこだわりや理想の住宅があるでしょう。そういった希望を叶えるのを費用面で諦めるのでは、注文住宅の本来の魅力を引き出せないこともあります。

費用を抑えることも大切ですが、譲れない希望があったり、妥協することで理想とはかけ離れてしまうのであれば、費用を増やすことを考えることも必要です。費用を増やすためには、使えそうな補助金や助成金がないかを確認すると良いでしょう。こうした補助を上手に活用することで自分の希望を諦めずに、負担を抑えられる可能性が出てきます。

注文住宅を建てる際には、思ったよりもお金がかかってしまうことがあるため、費用の削減を考えることは大切です。しかし、理想通りに住宅が建設できなければ、注文住宅の魅力は減ってしまいます。妥協点を見つけるとともに、妥協できないところは費用をかけるための方法を検討してみましょう。また、上記の方法以外に不動産会社へ正直に予算を伝えておくことも必要です。注文住宅の良いところを負担を抑えて実現するために、慎重に対策を立ててみましょう。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る