湘南暮らしのエトセトラ

注文住宅でできるペットと暮らす家の建材やおすすめ設備

新築物件を購入しよう

ペットは生涯をともにする家族の一員。休日は海沿いをペットと散歩を楽しんでいる人もいるでしょう。ペットがいる場合、家を選ぶときはペットの環境にも配慮が必要です。マンションや賃貸あればペット可の物件を選ぶのは当然のこと。注文住宅をこれから建設するのであれば、これを機会にペットに最適の住まいを作りましょう。

注文住宅でペットのためにも建材・設備をこだわる必要性

家族の一員であるペットの暮らしのためには、ペットにとっての快適性が重要です。人にとって快適な住まいがペットに対しても快適とは限りません。例えば、高気密高断熱の住宅は空気が汚れやすく、毛が散るペットを飼いやすくはありません。さらに家の間取りによってはペットのストレスを生みます。猫の視点で見ると通気性が良く空間を広々と使った間取りよりも、狭くて隠れる場所が豊富な住宅のほうが楽しいこともあります。多頭飼いする場合であれば、それぞれの居場所も必要でしょう。

ペットと住む家はペットにとって快適な住まいであると同時に近隣の住人にとっても心地よい住宅であることが大切です。ペットで近隣トラブルになりがちなのが鳴き声の問題。可愛いペットの鳴き声であっても近隣に住む人には迷惑になることもあります。トラブルを防ぐためにも防音遮音性能が高い建材を使いましょう。換気扇から音漏れすることもあるので、換気扇の防音カバーをつけて対策してください。

ペットのために考えるべき建材とは?

ペットと暮らす住まいでは、まず建材からこだわる必要があります。ペットと一緒に遊ぶためには傷や汚れが付きにくいフローリングが最適。犬や猫が走り回っても傷にならないものを選びましょう。ペットが滑らないようにタイルマットや滑りにくい床材を選ぶことも重要です。汚れなどのメンテナンス面が気になるのであれば、ラグやタイルマットを敷いて定期的に洗浄するといいでしょう。ペットの居場所となるスペースだけ水洗いできるものを取り入れるという方法もあります。

壁紙もひっかき傷がつきにくい製品が販売されています。傷がつきやすく、ペットが舐めることもある腰までの高さは拭き掃除のしやすい壁にして、上部を他の壁材にする方法もあります。調湿して快適な湿度に保ってくれる珪藻土の壁紙は快適な空間づくりに最適。

特に湿気はカビやダニの原因となるため、毛が長いペットの大敵です。調湿できる壁材は乾燥と多湿を防ぐうえ、ペットの匂いを消臭してくれる効果があります。とくに清潔にしておきたい玄関やリビングは調湿、消臭機能を持つ建材を選んでください。

ペットを飼うときに問題となる音のトラブルも建材で解決できます。防音効果があるシートやパネルを使うことで音はある程度抑えることが可能。音の出入りが多い窓も対策しておきましょう。二重窓にするほか、防音性能が高い窓枠なども検討してください。

ペットのために考えるべき設備とは?

ペットが健康的に過ごすためには安全性や環境への配慮が欠かせません。健康の大敵となる有害物質や匂い、湿気を防ぐためには何と言っても換気が大切です。こまめに窓を開けて空気を入れ替えるようにしましょう。24時間換気システムは、花粉や粉じんをカットするものを選んでください。換気システムは部屋を乾燥させやすいものもあるので、調湿機能がある建材などを使って適度な湿度を保つようにしましょう。

ペットが歩き回ることでアレルゲンの原因となる毛やゴミがたくさん落ちます。毛やゴミは雑菌のエサになるため、シックハウスやアレルギーの原因。ペットのためにも飼い主のためにも換気と調湿がしやすく、清潔な家に整えましょう。

ペットと快適に暮らすためには専用の設備も視野に入れてください。例えばカウンター下や収納をペット専用のスペースにしてはいかがでしょうか。ペットのためのベッドやトイレ、食器をまとめておくと管理やメンテナンスもしやすくなります。ペットにとっても自分の居場所が確保できているため安心して過ごすことができるでしょう。柵で囲うことや、身体がすっぽり入る大きさにすることでペットも落ち着くことができます。散歩帰りのペットの足を洗ったり、シャンプーしたりするにはペット用水栓柱をおすすめします。外でもお湯が使えるようにするとペットにとって快適。庭の水まきや洗車など多目的に使ってもいいでしょう。ペット専用のくぐり戸やドアも便利な設備です。ペットも人同様に家を歩き回ります。見晴らしがよすぎる家よりも、探検したり歩き回ったりできる家のほうがペットにとっては楽しいでしょう。

ペットが快適に過ごせるおすすめ設備

人間と同様にペットにとっても大きな問題となる運動不足。たくさん遊んで運動不足を解消できる住まいを検討しましょう。キャットウォークがあれば、室内でも動き回りやすくなります。住宅の敷地内であってもガーデンルームや屋上、ウッドデッキがあれば外遊びが可能。ただしペットの逃亡防止にフェンスやゲートは必須です。ドッグランのようにコースを作るのもおすすめ。芝生をしいたり、植栽したりすることで敷地内でも自然を楽しむことができます。

ペットにとって住みやすい住宅は飼い主にとっても快適に暮らしやすい住宅です。注文住宅であれば設計や建材を選ぶ段階でペットのための家づくりをすることができます。自分の暮らしやすさと同様に、生涯を共にする家族のことを考えた住まいを目指しましょう。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る