湘南暮らしのエトセトラ

電気自動車持ちが考えるべき住宅に必要な設備

新築物件を購入しよう

ドライブの聖地とも言われる湘南。特に海沿いを走る134号線は絶景スポットも多く、爽快な気持ちでドライブを楽しむことができます。エコにドライブを楽しみたいという層の間に絶大な人気を誇るのが電気自動車です。電気自動車は日常の移動手段だけでなく、ライフスタイルも変化させます。電気自動車を保有するときはどのような設備が住宅になるのでしょうか。電気自動車住宅のメリットや費用を紹介します。

電気自動車の充電設備を導入するメリット

電気自動車のメリットとして振動が少なく静かであることやモーターのレスポンスの良さがよく挙げられます。しかし、電気自動車のメリットは電気自動車本体だけでなく、その充電設備にもあります。

電気自動車は使わないときに自宅の充電設備で充電するのが基本の使い方。普段通勤で電気自動車を使うのであれば、帰宅してから次に出勤するまでの間充電設備で充電します。ガソリン車であればガソリンを入れるためにはガソリンスタンドまで足を運ばなくてはいけません。わざわざガソリンを入れるために出かけたり、回り道をしたりという手間も電気自動車なら必要ありません。さらに割安の夜間電力を利用してお得に充電することも可能です。

防災意識高まりから蓄電池として利用できる電気自動車も登場しています。これは災害が起きたときに電気自動車に蓄えられた電力を家の生活用電力として使うことができるシステム。特にオール電化の家なら蓄電池でインフラをすべて賄うことができます。いざというときに自分と家族を守るための手段としても電気自動車は注目を集めているのです。

電気自動車を充電するために必要な戸建てでの設備

電気自動車を購入する前に確認しておいていただきたいことは充電場所が確保できるかどうかです。電気自動車を自宅で充電する場合は、充電のための設備を準備しましょう。どのような設備が必要なのでしょうか。
まず、電気自動車を充電するためには電源が必ず要ります。電源の契約アンペア数と主幹ブレーカーの容量も併せて確認しましょう。さらに電気を送るためには配線と分岐ブレーカーも必要です。どちらも電気自動車に適合したものを選択してください。

電気自動車を充電するためには、普段使っている差し込みコンセントではなく電気自動車専用のコンセントを使用します。コンセントは踏み付けを防ぐため、高さ1メートル以上の位置に設置します。駐車位置から充電ケーブルをつないで、取り回しを計算に入れて余裕がある位置に設置してください。

さらに電気自動車を安全に充電するための設備も必要です。コンセントには必ずアースを設置して万が一漏電しても人が感電することがないように注意しましょう。防水も安全のために必要です。屋外防水仕様のコンセントを選択するほか、コンセントの設置位置も雨水がかからない場所にしましょう。場合によっては屋根をつける工事も検討してください。電気自動車を購入すると、家で自動車を充電する習慣が生まれます。これからずっと使い続けることを考えて利便性と安全性の両方に配慮しましょう。

電気自動車の充電設備の種類

電気自動車の充電設備には壁面取り付けタイプとスタンドタイプがあります。この二つの違いは形だけではありません。限られたスペースでも設置できるのが壁面取り付けタイプ。家の壁に取り付けるだけなので工事も簡単です。一方で、独立した充電設備がスタンドタイプです。スタンドタイプは建物と駐車位置が離れていても充電できるというメリットがあります。壁面取り付けタイプは建物の場所近くでないと設置できませんが、スタンドタイプなら設置する場所は自由です。どちらのタイプが適しているかは建物と駐車位置によって違います。充電する際のことをイメージして、適した充電設備を選びましょう。これから住宅を建設する場合は、電気自動車の充電を見越した電気自動車住宅をご検討ください。

電気自動車の充電設備導入前に確認したいボルト数とアンペア数

充電設備に絶対必要なのが電源。電気自動車を購入前には必ずボルト数とアンペア数も確認してください。充電にかかる時間等を考慮に入れると、EVコンセントの場合200ボルト、20アンペアが必要です。例えば炊飯器や電子レンジなどを使っている状態でさらに充電すると契約アンペアを超えてブレーカーがとんでしまうことがあります。現在の契約アンペアを確認して余裕がない場合は契約を見直しましょう。

設備導入の際の補助金制度について

電気自動車を購入したいけれど、充電設備など初期費用について不安があるという人もいるでしょう。初期費用が気になるなら補助金制度が利用できないか調べてみてください。

例えば千葉県市川市の場合、平成29年度市川市スマートハウス関連設備設置助成制度によって電気自動車充給電設備に対して補助が出ます。太陽光発電設備に補助金が出ることは有名ですが、電気自動車の充電設備の設置にも補助金が出る地方自治体があります。さらに電気自動車の購入にも補助金がでる地方自治体があるので、自分が住んでいる地域の補助金制度について確認しておきましょう。

電気自動車の購入は単に車を買い替えるということ以上のインパクトとメリットがあります。既に電気自動車を購入した人も、購入を検討している人もこれから充電設備を設置することで地方自治体からの補助を受けられるかもしれません。国の制度を上手に使って、電気自動車住宅を利用した快適な生活をスタートしましょう。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る