湘南暮らしのエトセトラ

【これで安心♪】共働きの防犯対策をご紹介!戸建てを購入する前に考えること

一戸建てを購入しよう

一戸建ての住宅を購入することにあこがれを持つ方は多いことでしょう。購入を考えたとき、まずは間取りや広さなどについて考えるものですが、それ以外にも重要なポイントがあります。それは防犯対策でしょう。いくら気に入った間取りの戸建てを購入したとしても、防犯対策がなされていなかったら大きなマイナスになってしまいます。特に共働き夫婦の住む戸建ては空き巣に狙われやすいので注意が必要なのです。共働きの家庭は増加傾向にありますので、戸建ての購入を検討しているのであれば防犯対策について考えましょう。こちらでは具体的な防犯対策について解説いたします。

共働きの家で防犯対策が重要な理由

戸建てで生活するのであれば防犯対策について考える必要がありますが、どういった家庭が空き巣に狙われやすいのでしょうか。どの家庭でも空き巣のリスクはありますが、特に共働きの家庭は狙われる傾向にあります。共働きの家庭は昼間に家を留守にしがちですので人に見られるリスクが低く、空き巣の格好のターゲットになってしまうのです。こういった空き巣は必ず下見を行っており、これによって共働きの家庭を探しています。

共働きの家庭は空き巣に狙われがちですが、そのほかに、周辺の環境も影響しています。人通りの少ないエリアは侵入が見つかりにくいので、空き巣に狙われやすくなってしまうでしょう。しかし、周辺に繁華街が近いエリアだったとしても危険です。仮に侵入中に人に見つかったとしても、人の多い繁華街に逃げ込んでしまうと見つけにくくなってしまいます。さらに、駅の近くの住宅は駅から簡単に逃げることが出来るのでリスクがあるのです。

近所付き合いが希薄な地域では、近所で何が起こっていても気にしない傾向にあります。特に新興住宅地に住む共働きの家庭は危険でしょう。そのため、防犯対策を行う必要があるのです。

共働き夫婦が戸建てを購入する際におさえておきたいポイント

一戸建ての購入を検討している共働きの夫婦は少なくありませんが、防犯のことを考えなければならないとき、どのようなポイントに注意して戸建てを選んだら良いのでしょうか。

人通りの少ない場所は避ける

何よりも大切なことは立地でしょう。空き巣は日中に犯行を行うものですが、人目の多いエリアはリスクが高いので避ける傾向にあります。そのため、人通りの少ないエリアは避けるべきでしょう。いつの時間帯も人通りが多ければそれだけ人目も多くなりますので、高い防犯効果が得られます。

死角の少ない場所を選ぶ

また、いくら人通りが多かったとしても狭い道は危険です。こういった道は周囲から死角になる部分が多く、人目から逃れることが出来ます。さらに、狭い道に建つ住宅は密集しているので、空き巣が隠れる場所も多くなってしまうのです。そのため、死角の少ない比較的広い道を選んだ方が良いでしょう。

新興住宅地

新興住宅地も注意が必要です。こういったエリアは引っ越して間もない家庭ばかりですので、近所付き合い希薄になっています。さらに、新たな住宅の建築のためにやって来る工事業者やセールスマンが多いため、それに紛れる空き巣も多いのです。

戸建てにおすすめの防犯対策

リスクの伴う場所を避けることも大切ですが、防犯効果のある住宅設備は機能を取り入れることが大切でしょう。しかし、防犯効果の高い住宅設備とはどういったものがあるでしょうか。以下にいくつか紹介します。

防犯ガラス

最も有効的な設備は防犯ガラスでしょう。意外なことかも知れませんが、戸建てに空き巣が侵入する方法で最も多いのはガラス破りなのです。そのため防犯ガラスは有効的な防犯対策と言えるでしょう。防犯ガラスとは2枚のガラスで中間膜を挟んでおり、これによって破りにくくなっています。ガラス破りに時間がかかってしまうと周囲から見つかるリスクが高くなるので、空き巣が諦めてくれるのです。さらに、割れた時に大きな音が出るため、周囲にガラス破りを気づかせることが出来ます。

センサーライト

空き巣は事前に狙った家庭の生活サイクルをチェックしています。中には帰りの遅い共働き夫婦もいることでしょう。こういった家庭に対して暗くなってから犯行を行う空き巣もいるのです。こういった家庭だった場合、センサーライトを導入しましょう。センサーライトとは人間に反応して光るライトで、空き巣が侵入すると光で心理的なダメージを与えることが出来るのです。センサーライトは生活にも役立つ設備ですので導入をおすすめします。

そのほかに、ドアまわりはドアの2ロックを採用したり、モニター付きインターホンを取り付けたりすることで防犯を強化できるでしょう。ポストを大型のものにすることや、住宅をフェンス・塀などで囲むことも有効的です。

共働きの夫婦の家庭は留守になりがちですので、空き巣のターゲットになってしまいます。空き巣は事前に生活サイクルを調べており、留守になっている時間帯をチェックしているのです。そのため、共働きの夫婦が戸建てを購入するのであれば、人通りの多いエリアを選びましょう。人目が多いと犯罪を見られるリスクがアップするので、空き巣が避ける傾向にあるのです。また、防犯効果のある住宅設備の導入も良いでしょう。空き巣の入りにくい家を意識して、戸建てを購入しましょう。防犯意識の高い家であれば、新生活も安心して過ごすことができます。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る