湘南暮らしのエトセトラ

転勤族のマイホーム事情……買うならいつがベスト?

一戸建てを購入しよう

マイホームの購入を考えているけど、仕事柄、転勤が多いので諦めてしまっているといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。転勤族の方には様々な住み方が考えられます。ライフスタイルや家族の状況に応じてその都度ベストな住み方を考えることが大切ですし、マイホーム購入の際にはタイミングも重要でしょう。そして転勤が多いということ、これから転勤の可能性があるということを踏まえた家選びを行う必要があります。こちらではこれからマイホームの購入を考えている転勤族の方に向けて役立つ情報をお伝え致します。

転勤族のさまざまな住み方

転勤族の方が新たに住居を探すといった場合、マイホームを購入する以外にも生涯賃貸や転勤先についていく住み方があります。加えてどちらかの実家で同居、単身赴任などの住み方があり、それぞれにメリット、デメリットがあると言えます。

マイホームを購入することのメリットとしては購入した家自体が資産になるということ、そしてローンの支払いが終わってしまえば毎月の住宅費用が少額で済むということ、加えて家の内装について賃貸と比べ自由に変更できる点などが挙げられます。
反対にマイホームを購入することのデメリットとしてはやはり最初に多額のローンを抱えてしまうということ、支払う税金が増えてしまうということ、生活状況が変わった場合や、なにかトラブルが発生してしまったという場合でも安易に引っ越しが出来ないという点などが挙げられます。

賃貸のメリットとしては、マイホーム購入に比べると気軽に引っ越しを行うことが出来るということ、多額のローンを抱えることなく身軽であるということ、住んでいる建物自体の保証は大家や管理会社がしてくれるという点があり、賃貸のデメリットとしては永遠に家賃を支払うことになること、そして家賃を支払い続けても資産が残らないということ、家賃の値上げなどの変動があり得るということ等が挙げられます。どちらかの実家で暮らすといった場合ですと、家賃などの生活費の面で毎月の支払いが楽になるといった部分はありますが、状況によってはいろいろと気を使ってしまうこともあると思いますし、単身赴任の場合ですと費用面で負担が多くなるといったデメリットも考えておかなければなりません。

転勤族のマイホームを買うベストタイミング

マイホームの購入をずっと考えているけど、転勤族だからなかなか踏み切れないといった方も多いと思います。夫婦二人で暮らす分には賃貸でいいかと思ってらっしゃる方も多いですが、子供が出来た時はやはりマイホーム購入の意欲が高まりますし、タイミングとしても良い時期ではないかと思います。例えば社宅などですと物音や、夜泣きなどで近所迷惑、トラブルの心配もありますしマイホームの方が安心だと思う女性も多いようです。ただ、子供が小さいうちに転勤が決まりご主人が単身赴任などになってしまうと心細いと感じる主婦の方も多いでしょう。また、子供の生活という視点で言えば、小中学校に進学するタイミングで転校を繰り返すというのも、子供の成長過程で与える影響を考えると望ましくないと言えるかもしれません。出来れば安定して生活をさせたいと思い、このようなタイミングでマイホームを購入する方も多いようです。さらに小中学校までは編入が比較的容易ですが、高校となると編入は難しくなる場合が多いです。そういった意味では遅くとも子供が中学校に入学するまでにはマイホーム購入を検討するのが良いと言えます。また、家で過ごす時間が増えることから、定年退職後もマイホーム購入のタイミングに適しています。

別の視点で言えば、転勤の際、好きな場所や出身地付近への転勤が決まった場合、マイホーム購入のタイミングとしては良いと言えます。どうせマイホームを購入するのであれば見知らぬ土地よりも思い入れのある土地に購入する方が後悔の無い選択になるでしょうし、地元であれば、今後また転勤が決まり単身赴任となった場合でも家族などが近くにいる分、安心できる部分が多いでしょう。

転勤族がマイホームを選ぶ際のポイント

念願のマイホームを無事購入した後、また転勤が決まってしまい単身赴任をしばらくすることになったというのは転勤族の方にとってはよくあることと言えます。ですからマイホーム購入の際には、今後単身赴任をすることになっても、自宅に帰る時に帰りやすいような立地の家を選ぶことが大切です。例えば新幹線や空港からの交通の便はどうか、自宅は駅から近いのかといった部分がポイントとなってきます。

また、次の転勤が決まって単身赴任では無く家族で引っ越すという場合には持ち家を第三者に貸すということも考えられます。持ち家を貸すことによって家賃収入が見込めるので、住宅ローンが残っていたとしても安心です。最近では不動産会社が間を取ってくれるケースも増えているようなので第三者に持ち家を貸す場合の敷居も低くなってきたと言えそうです。ただ、その場合はマイホームに戻りたいとなった場合でもすぐには戻れないということも考えられますので充分に計画を立てて貸すようにしましょう。

転勤族の方であってもマイホームを購入することは可能ですし、実際に多くの方が購入しています。家族の生活に応じた購入のタイミングなどをよく考え、計画を立てて購入すれば失敗なく理想のマイホームを購入できることでしょう。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る