湘南暮らしのエトセトラ

家の買い替えは購入先行か売却先行か!それぞれのメリット・デメリット

住宅の買い替えガイド


家の買い替えを考えている方で、今現在住んでいる家の売却を先にするべきか(売却先行型)、それとも新しい家の購入から先にするべきか(購入先行型)迷っているという方もいらっしゃるでしょう。いろいろなケースがあるので一概には言えませんが、それぞれの特徴を押さえ、ご自身の状況に応じて検討する必要があります。本記事では家の売却からする場合と、購入からする場合それぞれのメリット・デメリット、そしてどちらを先にする方がおすすめなのかという点、どうしても購入から先に行う必要がある場合に利用できるつなぎ融資について説明します。

売却からするメリット・デメリット

家の買い替えを考えた時、新しい家の購入と今の家の売却はどちらからする方が良いのでしょうか。まず、今現在住んでいる家の売却から行う時のメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

売却からするメリット

今の家の売却から先に行うことのメリットとしては今後の資金計画が立てやすいということがあります。家の買い替えをするにあたっては今の家の住宅ローン残額や新しく購入する家の住宅ローンの支払い額などを考えなければいけないので、今の家がどれくらいの金額で売れるのかということが先にわかれば今後の資金計画を立てる上で大きく役立ちます。
また、家の購入をする前に行うことで売却活動にも集中できるというメリットがあります。

売却からするデメリット

デメリットとしては、家の売却が決まれば自分たちが住む場所が新たに必要であるため、その期間住むための仮住まいなどの用意が必要となり、その分費用負担が大きくなる可能性があることが挙げられます。

購入からするメリット・デメリット

では、家の買い替えを住宅購入からするメリット・デメリットはなんでしょうか。

購入からするメリット

新しく買い替える家の購入から先に行うことのメリットとしては、余裕を持って新しく住む物件探しが出来るという点があります。新しい家が決まり、引っ越した後に売却活動をすれば、今の家を空き家の状態にしてから売却活動が出来るという点がメリットと言えるでしょう。

購入からするデメリット

デメリットとしては事前に資金を準備しておく必要があるということ、そして資金計画がしにくいということが挙げられます。今の家がいくらで売れるのかという部分が実際に売却活動に入らなければわからないという点ではどうしても予定が立てにくくなってしまいます。

どちらを先に行うのがおすすめ?

家の買い替えを考えた時、家を先に売却するか、新しく物件購入するのが先かという部分でメリット、デメリットを説明しましたが、結論としては家の売却を先に済ませてから新居の購入を検討した方が無難であると言えます。一般的に家を買うよりも、売ることの方が難しいケースがほとんどであるからです。今の家の売却活動を済ませ、資金計画などの目処がきちんと立った段階で新しい家の購入について本格的に動き出したほうが安心でしょう。

現在の家の残債がなく、家の購入に必要な頭金などの費用に余裕があるという方は家の購入を先にしてしまっても問題はありませんし、次の家の購入について土地から買って注文住宅で考えているといった場合ですと、家の建築期間も長くかかることから余裕を持っての準備が必要です。

今の家を売却した資金を次の家の頭金にしようと考えている場合ですと、家の購入を先にしてしまうのはリスクが大きいと言えます。今の家のローンが無く、頭金にまわす貯えも充分にあるというケースはあまり多くないと言えるので、やはり家の売却から先に済ませておく方がほとんどの場合において無難であると言えます。

急ぎの場合で資金に余裕がない場合に活用したいつなぎ融資

それでも家の購入を先に行いたいという場合で、資金に充分な余裕がないという場合に活用できるのがつなぎ融資です。住宅ローンは原則として建物が竣工しているものに対して融資されます。新築マンションなどですでに建物が出来上がっている場合には問題ないのですが、一戸建ての着工金や中間金にローンを利用したいという場合ですと、まだ建物自体が出来上がっていないので住宅ローンを融資してもらうことは出来ません。

そこで利用するのがつなぎ融資というものです。つなぎ融資とは建物が竣工して住宅ローンを正式に融資してもらうまでの間のつなぎの期間に借入することを言います。つなぎ融資を借入している間は金利のみ支払いを行い、建物引き渡しの際に実行される住宅ローンでその精算を行うという流れになります。また、一部の住宅ローンでは引き渡しの時期とローンの実行の時期が同じタイミングで出来ない場合があります。その場合も引き渡しを受けるためにつなぎ融資が利用されるケースがあります。注意点としてはつなぎ融資に際しては厳しい審査があり、手数料や保証料がかかります。そしてもちろん融資に対する利子も発生してしまうので、利用の際には注意が必要です。

家の買い替えを行う際には資金の工面がとても大切です。家の売却と購入のどちらを先に行うべきかについては資金面や、新しく買う家の建築期間などさまざまな観点から考え慎重に検討する必要があります。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド



ページトップに戻る