湘南暮らしのエトセトラ

海沿いの家は湿気が多い!? 結露対策は家を建てるときに考えよう

湘南・海沿いエリアの住宅購入


海沿いで家を建てる際には、結露対策も必要です。海沿いのエリアは、海から吹いてくる湿気を帯びた風の影響を受けやすくなります。潮風による塩害は有名ですが、湿気の問題も海のそばでは重要です。快適な住居を守るためには、結露に対応できる家づくりを考える必要があります。

海沿いの家における結露対策の必要性

結露の発生は、海が近い遠いには関係なく、どんな家でも結露対策は必要となります。しかし、海が近いとその分だけ湿気が高くなることが多く、海沿いの家に住むのであれば十分に注意をするべきです。温かく湿気を帯びた空気は、より乾燥したところへと流れます。そのため、もともと湿気の高い海沿いでは住宅内や建材の内側に湿気が入り込み、結露しやすい状態となるのです。

結露はカビを発生させるもととなります。カビは見た目で汚らしく感じるというだけでなく、シックハウス症候群や喘息など健康面でもリスクを引き起こします。また、壁などの内側に湿気が入れば、その中の建材にも影響を与えます。入り込んだ湿気が建材の内側で結露することで、木材は腐りはじめ、金属は錆びはじめます。

壁の内側にある木材や金属は、家を支えるためのものであり、それが劣化してしまうと家の強度が失われます。家の耐久性が奪われ、地震などでも被害を受けやすくなります。結露をただの水分だと考えることは、大変なリスクにつながりますし、メンテナンスの際に多額のお金がかかる原因です。いろいろな面で怖い結露を防ぐためには、住宅を建てる際に対策が必要となります。

結露対策のために考えたい住宅性能

結露対策は、家を建てる時からスタートします。住宅性能を高めて結露しにくい家を作ることで、リスクを回避しましょう。結露対策としては、住宅に断熱性や気密性を求めることが大切です。結露は室内外の寒暖の差や、湿度が一定以上になることで発生しやすくなります。そのため、住宅の中に外気温を伝えにくくしたり、外の湿気を入れない工夫が必要です。

断熱性や気密性を高めるためには、建材や建て方に注意が必要となります。断熱材の利用や気密性の高い工法を選択して、家の内と外での温度や湿気のやり取りを減らします。また、高断熱性、高気密性を追求するのはもちろんですが、部屋や壁の中に溜まった湿度を逃がす換気にも注意が必要となります。もともと湿気の多い海沿いの家では、24時間換気システムの利用で十分に湿気を逃すことのできる状態を作ることが大切です。

住宅のどの部分の性能を高めると良い?

海沿いに家を建てる場合には、特に注意を払って結露対策をしておきたい部分があります。屋根や天井、壁、床の性能を向上することで、通気性の良い、湿気の溜まりにくい家を作ることができるでしょう。壁内部に換気システムを導入したり、断熱層の外側に通気層が正しく施工されていることで室内や建材への湿気の侵入を防ぎつつも、家が呼吸するように湿気を外に逃がしやすくなります。

暮らしの中で行うべき結露対策

海のそばに家を建てる際やリフォームする際には、家自体が換気しやすく結露しにくい環境を作ることが大切です。そのためには、通気性の良い壁材や外と室内の温度差を調整できる仕組みを利用すると良いでしょう。

ホタテ壁やエコカラット・漆喰などは、壁そのものが呼吸をするように湿気を吸ったり吐いたりして、室内の湿度をコントロールします。漆喰は壁材として歴史が古く、湿度の調整の他に脱臭効果も期待できます。自ら固まる性質を持っているため、接着剤などを混ぜる必要がありません。それにホタテ貝を焼成したものを加えたのがホタテ壁です。ホタテ壁も調湿性に優れ、消臭効果を持っています。エコカラットも土壁を元にしており、そこに焼き物を加えることで独自の調湿と環境への優しさを作っています。伝統の工法を取り入れたこれらの壁材は、日本の気候とマッチしており、素材も体に優しいものを使用しています。そのため、機能だけでなく体にも安全で、化学物質によるアレルギーやシックハウスなどの症状も抑えます。

また、温度差による結露を防ぐためには、内断熱・外断熱の違いにも注目が必要です。内断熱は柱や筋交いの間に断熱材を入れるという従来の工法で、外断熱は家全体を断熱材で覆うイメージとなります。内断熱はコスト面がリーズナブルで、外断熱は気密性が高く結露対策に高い効果が期待できます。

日常生活においての結露対策としては、湿度の上がりすぎや外のとの気温差に注意して、こまめに換気を行ったり、こまめに水滴をふき取ることが大切になります。ただし、窓を開けての換気は、余計に湿気を取り入れてしまったり、塩や砂を室内に取り込んでしまう恐れがあるため注意が必要です。基本的には家自体の換気システムに頼るか、気候や風向きなどを考えて行うと良いでしょう。また、結露対策グッズを用いることも手軽で便利です。

海の近くでお気に入りの家に長く住んでいくためには、適切な結露対策は欠かせないものです。結露はカビやダニを増やし、住む人の健康にも影響を及ぼします。基本となる建材や工法による対策は、暮らし始まってからでは遅いので、家を建てるときから考えるようにしましょう。また、暮らしの中で行う対策で家と家族の健康を維持していくことも大切になります。

【茅ヶ崎の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【藤沢の物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

【湘南エリアの物件】
新築戸建 / 中古戸建 / マンション / 土地

公式サイト|株式会社フォーシーズンズランド

【関連記事】

海沿いに住む場合洗濯物は外に干せる?



ページトップに戻る